2017年9月3日・明石海峡ハマチ釣り

ポール梅園です。

昨日、一年ぶりとなる明石海峡のハマチ釣りに行って来ました。
当地におけるハマチ釣りはジギングや餌釣りになりますが、私がやる釣り方は餌釣り。
ハリス6〜10号程度の胴付一本針に活きた小アジを餌にして、明石海峡の鹿の瀬や明石海峡大橋近辺の青物ポイントでハマチやメジロを狙います。

餌となる小アジは自分で餌釣りをして調達しなければなりません。
ここがまたこの釣りの面白いところ。
出船後、まずは小アジのポイントでサビキ釣りをして、最低20匹は確保しておきたいところ。

小アジが思うように釣れないと、船頭さんは苦労します。
今の時期は割と楽に小アジが釣れるのですが、釣れない時は餌釣りに時間がかかってしまい、本命のハマチ・メジロを釣る時間が短くなってしまうのです。

この日は6時に出船。
6時半頃から淡路・岩屋の防波堤に近いポイントで餌の小アジ釣り開始。
これがなかなか楽しい。
サビキ仕掛けを投入直後から、小アジが鈴なりに連れ出し、ものの10分ほどで最低確保しておきたい20匹をクリア。
6時50分ごろに餌釣り完了し、おおよそ50匹は確保したかな・・・
一安心。

餌釣りで釣れる小アジは2種類あり、マアジとマルアジ(青アジとも言う)が釣れますが、マルアジの方が青物を釣るのに良いと言われております。
マルアジの方が動きがすばしっこく、ハマチやメジロにアピール度が高いからとか、マアジに比べてマルアジの方が体高が低いため、ハマチ、メジロが飲み込みやすいからだとか・・いろんな説があるようです。

餌釣りのサビキ仕掛けは市販のもので十分ですが、ハリス0.8号くらいのものを使うと良いでしょう。
サビキ仕掛けもいろいろ種類があり、選ぶのに迷うかもしれません。
サビキが合わないと、他の人が釣れているのに、自分だけ全然釣れなかったりすることがあります。
サビキに使われている皮の種類によってどうやら喰いに影響が出るみたいですが、どの仕掛けを選べばいいかわからない場合は、釣り船屋さんにあらかじめ聞いておくと良いでしょう。
私が使っているサビキ仕掛けは、白いハゲ皮のサビキですが、いままでのところ、ハゲ皮のサビキで釣れなかったことはないのでオススメです。

餌釣り終了後、一路、青物の一級ポイントである、明石海峡鹿の瀬へ。
7時半頃から実釣開始・・・
潮があまり動いておらず、船中誰もヒットせず。
8時半ごろくらいから・・潮が流れ出し、いよいよ釣れるか・・・と期待、期待。
すると・・・私の竿先が・・・フワフワしだした!!!
そして、竿先がちょっとづつ持っていかれる。
これは、青物が餌の小アジを飲み込もうとしているサイン。
しかし、ここはじっと我慢の子。完全に竿が食い込むまで待ち、合わせは禁物。
というより合わせは必要ないですね。
食い込みかけの際に合わせても、すっぽ抜けし、針がかりすることはありません。
じっくり食わせてやることが重要です。
すると・・・・ゴウウウウウウウウウウウーンと竿先が海面にツッコミ、青物らしい暴力的な引きが!
「いやああ、、やっぱ青物楽しいかも!」と青物の豪快な引きを楽しんで、船頭さんにタモ入れしてもらいました。

 

 

 

 

うん、まだハマチと呼ぶには微妙なサイズ、これはツバスだな(笑)
関西では40センチ未満をツバス、40〜60センチをハマチ、60〜80センチをメジロ、それ以上のサイズをブリと呼んでおり、いわゆる出世魚です。
ツバス=関東で言うところのワカシですね。
サイズ的には不満が残りますが、まあ、一年ぶりの青物だし、何と言っても明石海峡のツバスは意外と脂が乗っていて美味いんですよ。
家に帰ってからさばくと、やはり思った通り、案外脂が乗っており、美味しかったですよ〜

結局、この日はこの1匹で終了し、撃沈気味(笑)
トップの人で4匹。
潮がゆるかったからしょうがないか。
次回に期待!

2017年須磨沖キス釣り総括

最近、1ヶ月に一回ペースの更新になってるポール梅園です。

9月からはアオリイカにカワハギにハマチ・メジロのノマセ釣りと釣り物も切り替わり、楽しい釣りシーズンになりますので、マメに更新するようにいたします。

さて、8月も終わりですが・・この1ヶ月も須磨沖のキス釣りに明け暮れました。

実のところ・・私、7月の終わり頃からスランプに陥っており、圧倒的な差をつけて竿頭にならなければならないところをギリギリ竿頭とか、あるいは竿頭を取ることができず、次頭になってしまったりだとか・・なかなか自分の思い描くイメージの釣りができておりませんでした・・・・
8月に入ってからも、相変わらずキスの喰いはそんなに落ちることもなく、ラストスパートをかけていかなければならない時期であるにもかかわらず、スランプ一直線。

しかし・・・8月5日の釣行で・・・気づいたんです。
「ひょっとして・・・基本に忠実に釣りしてないかも?」と。
そう・・・・薄々気づいてはいたのですが、7月中盤から釣りが雑になっていました。
具体的には虫餌の頭の硬い部分を切って、針の軸にまっすぐにさしてやらないといけないのに、手返しを重視するあまりに、頭を切らず、ちょん掛けで仕掛けを投入したりだとか・・・
一度アタリがあって、餌がグズグズになっていたり、アタリが遠のいて餌が元気なくなっているのに、新しい餌に変えてやらなかったりだとか・・・

誘いの技術とアタリを取って行く技術でなんとかなるわ・・・と慢心していたことに気づき、「これはいかん」と真面目に餌をつけるようにしたところ・・
完全復活(笑)

基本にたちかえってからの8月5日からの釣行で・・ようやくスランプ脱出。
やはり、釣りは基本に忠実にが重要です(笑)

今年のキス釣りは・・6月、7月となかなか本調子にならず、苦労しましたが、7月中旬からようやく盛期の釣りとなり、8月に入ってもなお、例年に比べれば、数釣りができている状況でした。
しかし、8月も末になりそろそろ、終息に向かいつつある感じがします。

今年の特徴としては、喰いが浅く、アタリが出てもかからない、かけてもバラす・・が多く、苦労しました。

来年はどうなるかな??

7月に入ってからの須磨沖キス釣り

ポール梅園です。
最近ブログをサボりがち。

さて・・・6月中の須磨沖キス釣り・・
なかなか本調子にならず、頑張っても30匹つれるかどうか・・・
というところでしたが、7月半ば頃からようやく、水温も上がり、活性が高くなってきたのか、50匹以上釣れるようになってきました。

直近の釣果は・・7月16日は59匹、7月22日は64匹。
しかし・・・昨年、一昨年ほどの爆発力を感じないな。

今年の特徴として、時合いが長時間続かず、拾い釣りしていかないといけないというのがありますね。
あと、船の選ぶポイントが砂地ではなく、泥地のところが多いな、
なんでだろう?

竿の選択にも迷う。
どーも今年のキスはアタリをはじくんで、今年はついにいつも使っている柔らかめのカワハギ竿を一時ペンディングし、穂先が極端に柔らかい、今関東方面で流行りのゼロテン用マルイカ竿を試してみたりして・・
マルイカ竿ね、確かに食い込みはいいんだけど、その代償として、どうやら誘いがだるくなっている感じ。
カワハギ竿にくらべて、思うように操作できず、たとえば、アタリが出た際などの操作アクションを起こすのにどうもワンテンポ遅れている感じがするし、なにより、仕掛けがちゃんと動いているのか不安に。

ということで、先日の釣行ではやはり操作性が重要だと思い、いつも通りのやわめのカワハギ竿に戻して釣ってみたら、操作しやすいのなんの。
確かにアタリの弾きはあるものの、アタリに対して即座に反応できるため、道糸の送り込みなどで弾きを防ぐアクションをとることができて、良かったように思う。
それにやっぱり、仕掛けがきっちり動くことによって、アタリの出る回数も多いような気がする。

と・・まあ、いろいろ考察・検証しましたが、やはり僕にはカワハギ竿があってるなということで、シーズン終了の8月末まで、カワハギ竿で勝負します!

2017年6月18日・須磨沖キス釣り

ポール梅園です。

今年は水温が低いのか、なんなのかよくわかりませんが、僕がホームグラウンドにしている、須磨沖のキス釣りも、姫路・家島沖のキス釣りもシーズンの出だしがあまり良い状況ではありません。

いよいよ、須磨沖のキス釣りが始まったので、先日今シーズン初の須磨沖キス釣り釣行してきました。

須磨沖

釣況がよろしくないとは聞いていたものの、この日は超苦戦。
6時須磨港出船、6時半には須磨沖合のポイントに到着。
いつものように軽く誘いをかけて反応を待つものの・・・アタリがなかなか出ない。
1匹釣るのに1時間もかかってしまう始末。

こんなに苦労するキス釣りもあまり経験がない。
どうも群れが薄いのか・・・アタリがあっても持続性がない。
ピンポイントでしか群れがいないのかな?

10時ごろからようやくちょっとした時合いらしきものがあり、ポロポロと行った感じで釣るが、最終的に20匹で終了。

7月になれば良くなると信じたい!
ただ・・キス自体は良型多し!

2017年6月11日・神戸沖マアジ釣り

ポール梅園です。

さて、この時期、例年ならキス釣りに精を出している僕なのですが、家島沖も須磨沖もどうも今年は出だしの調子が悪い・・ので、今回は気分転換にここのところ好調な神戸沖のマアジ釣りに出かけました。

 
久々に垂水漁港から出港。

5月〜8月くらいまでの間、神戸・須磨沖でマアジが釣れます。
マアジと言っても、この海域で釣れるマアジは瀬付きのマアジで、別名「メクリアジ」と呼ばれる高級マアジ(笑)
黄アジと呼ばれることもあります。
回遊性のマアジに比べて、全体的に黄色っぽく、脂ののりが最高!

さばいていると、腹回りに脂がたっぷりのっていて、手がベトベトになるほどです。

さて、この日は垂水漁港を拠点とする乗合船で釣ってきたのですが、ポイントは神戸空港沖。
6時出船。
神戸空港の誘導灯の橋脚周りがポイント。
釣れる日は100匹以上釣れますが、釣況に関しては日ムラがあり、この日はかなり苦戦。

仕掛けは船アジ用サビキにドンブリカゴ30号。
竿は・・・メバル竿のような柔らかい竿がいいです。
マアジは口が弱いので、食い込みの良い竿の方がバラシを防げます。

ドンブリカゴにアミエビを詰め込み、仕掛け投入。
着底後、軽く煽って、アミエビを撒き、ひたすらマアジの反応を待ちますが・・・
1流し目、2流し目に、ポロポロ・・と釣れたのみで、ここからひたすら辛抱の釣り。

回遊さえあれば、簡単に釣れるのですが、この日はその後、11時ごろまでほとんど反応なく、たまに誰かがポロポロと釣るだけ。私自身は11時の時点でまだ2匹・・・・

釣れてなくても、とにかくアミエビのまき餌を絶えず撒いておかないと、マアジ自体が集まってこないので、めんどくさくてもマメに仕掛けを引き上げて、アミエビを詰め替えるようにしましょう。

11時を過ぎた頃・・・ようやく釣れだす。
釣れだすとあとは手返し勝負、釣って釣って釣りまくるのみ。
ダブル、トリプル、4連もあり、俄然盛り上がる船内。

結果的に・・・13時までの沖上がりまでで22匹追加し、最終的に24匹で終了。
トップの人が27匹だったので、良しとしましょう。

帰宅後、早速さばいて、何匹かを一夜干し。
当日の夕食は塩焼きに刺身。
刺身がめちゃくちゃ美味しいですわ。
脂がのりのり・・・

また行かないと(笑)

2017年6月4日・家島沖キス釣り

ポール梅園です。
最近、ブログ更新サボり気味っすね。
真面目に更新していきます(笑)

さて、この写真の島は・・・
兵庫県姫路市の家島諸島のとある島です。

そう、昨日は・・・姫路の船キス釣り。

結果から報告します・・
11匹でげ・き・ち・ん

この日は僕が明石海峡メバル釣りはじめ、年間通してを通っている明石の我がホーム船の乗合船の常連さんで、メバル名手のYご夫妻とご一緒しました。
ご夫妻そろって釣りがうまい!
奥さんは特にメバル釣りがお上手で、今でも覚えてますわ・・

3年ほど前に、それまで私が通っていた須磨の船が廃業したので、「メバル釣りの船を探さんと〜」と明石海峡の船をさまよっていた時に「メバル・・・この船かな」と今通っている乗合船に常宿を定めかけたいた時に目撃したのです・・・

Yご夫妻が右舷胴の間(座席番号、14、16あたりかと)で僕は左舷側にいたと記憶。

当時、メバル釣り疑似餌派だった僕は・・・釣れるのは釣れたけど・・Yご夫妻の奥さんが・・・確か、30匹くらい釣ってたのかな・・・
「なんやそれ!!!!!!!」
と驚愕したのです。
その当時はまだYご夫妻とはお知り合いではなかったのですが、その船に通い出してから、すっかり仲良くなり、楽しい釣りをご一緒させてもらってます。

それはさておき、昨日のキス釣りっすよ。
今年はどうも・・遅れているのか?
6月に入っても、トップが20匹台・・・
例年の家島沖なら50は釣れてるはずなんだが・・・
キス釣りホームグラウンドの須磨も超低調状態で・・
おかしい。何かがおかしい。

昨日もなんとなんと・・・5時半出船、6時半には実釣開始で、9時半までノーヒット・・・ありえないですわ、僕が一番得意としているキス釣りで・・・こんな経験ないですわ。

とにかく、アタリがない・・いろんな誘いを駆使したんですがね・・・

アタリがない・・=キスおらへんのちゃうん?
ってことやと思うんですが・・アタリがあっても一流しの間に、ピンポイントの場所でアタリがある(キスのアタリがあるからといって、針がかりするか別問題)
だけで、しかも喰いが相当浅く、即アワセなんかしても絶対かからない。
アタリがあって、糸を送り込んだり、そのまま静止で、食い込むまで待っても、かからない、あるいはかかっても途中の巻き上げでバレる・・・という非常に厳しい状況でした。

船長も「今年はおかしいよ〜このままやったら、小豆島まで遠征せなあかんかも・・」と半ば本気なのか冗談なのかわからないコメントをされてました(笑)

でも・・僕のキス釣りイメージとしては・・・水温、潮回り・・がシロギス様の好みにマッチングしたら・・・突如釣れだす・・ってのがあるんで、今後に期待!して、頑張りますわ!

Yさんご夫妻、昨日はきつかったですね〜
これに懲りず今シーズンのキス釣り、頑張りましょう!

 

2017年5月14日・和歌山船カワハギ釣果

お疲れ様です。ポール梅園です。
既報の通り、ついに明石海峡メバルが終了し、これからの釣り物はシロギス狙いになっていくわけですが・・・
その前に・・・
昨年から本格的に始めた、カワハギ釣りに行っておかないと・・・
ということで、今月で終了になる、関西カワハギ釣りにいってきました。

関西におけるカワハギ釣りは、関東を中心とした、船カワハギが昔からメジャーな地域と違って、近年になってマニアの間で流行りつつある釣り物です。
まだまだ関東と違い、カワハギ釣り自体がメジャーではないので、関西地区の特定のカワハギマニアの間で「カワハギ釣りを盛り上げていこう!」といった段階かな~
僕ごときのレベルでカワハギ釣りを語るのは・・どうかな~と思うのですが・・もともと、キス釣りが好きな僕、誘って誘って・・アタリを出して喰わせていく釣りは大好きで、しかもカワハギ・・アタリも力強くて心地よく、掛けてからも「ドンドンドン・・・・」と心地よく引き、釣味が素晴らしい。

すっかりはまってしまった僕は、カワハギ地獄真っ只中(笑)

カワハギ釣りはいろんなセオリーがあるんですが・・・
それは名手・名人の皆様方のブログをご覧になったらよろしいかと(笑)
このブログでは、カワハギ釣り2年生の私なりの印象や、感想をお話させてもらえればと思います。

さて、5月14日・・・
由良港を6時出船し、一路日の岬を目指し、30分の行程。
ポイント到着し、さっそく仕掛けを投入。
仕掛けはスタンダートな胴付き3本バリ、エサはアサリ。
派手に誘ってもアタリがでないので、底から30センチくらいのところをユラユラさそって、ゼロテンマイナス目でアタリを待っていると・・・カワハギ特有のトントンのアタリ。
慎重に誘いあげると・・・・
針がかりし、無事カワハギゲット。
その後もいろいろ誘ってみるが・・・
結局は控えめな誘いからのゼロテンマイナス目でしかアタリが出ない。
途中、潮が止まり、なかなかアタリも出ず、苦戦。

12時半の時点でなんとか10匹、つ抜け。
この日は船全般的に、渋い感じで、船長も延長してくれて、13時以降のラストでようやく、カワハギらしい力強いアタリがでて、4匹追加の14枚で終了。

トップ18枚、僕14枚で次頭。
なんだか、これといったパターンもなく、つかみどころなかったな~

和歌山のカワハギは、この日で今シーズン前期終了。
9月になれば、後期シーズン再開です。
来週は同じく5月で終了になる、徳島カワハギに挑戦してきます!
徳島は爆釣してるらしいです(笑)
さて、どうなることやら・・・

 

 

2017年明石海峡メバル釣り総括!

ポール梅園です。
ゴールデンウィークがあったりして、最近ブログの更新サボってました(笑)

さて・・・終了しました。
今期2017年の明石海峡メバル釣り。
ラスト釣行は4月30日。
明石界隈の乗合船はメバルが厳しいとの判断で、5月からマダコ狙いに代わってしまうからで・・いつもより十日ほど早いラストのメバル釣りでした。
タコもまだ早いと思うけどな・・・
まあ、僕はタコ釣りは全く興味がないです。
でも、釣り物としての人気は高く、これから8月までの間、明石海峡の乗合船はタコ一色になります。
ちなみにいまの時期、須磨の船は明石鯛狙いにチェンジしてるみたいですね

さて、メバル釣りの話に戻りますが・・・4月の半ばから餌がわりして、シラサエビでの釣行になっておりました。
シラサエビの入荷状況が不足気味・・とのことでしたが、それほど問題にすることもなく入手することができました。
厳しい中・・最後になってちょっと釣況回復???

この日は・・・
6番→明石沖のどこか(忘れた)→林崎沖の浅場・・のコースだったと思う。
朝一の6番ポイントでしか釣れないだろう・・ということはわかっていたので、気合を入れまくり、そして準備も万端でポイント到着後、仕掛け投入。
深さ40メーターほど・・・
僕の隣にいた常連名手のMさんの竿先がいきなり突っ込む!!!
「おお〜やはり釣れる!・・・でも俺の竿先は突っ込まね〜!!!」
と焦りながらも、2流し目・・・
底どりをして・・・しばしあたりを待つと・・・
コツーンとアタリ、「これは小さいなあ・・・」と思い、ゆっくり一巻き。
すると・・ゴウウウーンともう一つアタリ!
追い食い成功!!!!デカイのがきた!
ゆっくり慎重に巻き上げていき、25センチくらいのメバルと17センチくらいのメバルでダブル! 幸先よし。

その後も30分くらいの時合いの間に釣り上げ、7時半くらいの時点で6匹。
上々の滑り出しだったが・・・
その後はやはり予想通り、厳しくなり・・・途中1匹だけ釣り終了。

今シーズン、坊主なしで終了!
それだけで満足!
必ず、例年、1度は坊主を食らってしまう、シビアな明石海峡メバルなんで・・・
本当に満足です。

今シーズン、シーズン初期の1、2月は例年になく本当に良く釣れた。
反応があれば・・素直に釣れてくれ、逆に「なんでこんな簡単に釣れちゃうの?」と思ってしまうくらいでした。
この調子で釣れたら、3月以降のイカナゴメバル釣りではさぞがし、爆釣になるだろうと思いきや、史上稀に見るイカナゴ不漁・・・それにともない、やはりメバルも急激に厳しくなりましたが・・・・

それでも、例年よりは良かったんじゃないのかな〜
と思った今シーズンでした。

明石海峡メバル・・・・
やはり一撃必殺です。
仕掛けとエサ付けの正確さ、スピードの速さ、仕掛けの投入タイミングに絶対に遅れないこと・・・
釣技の全体的なレベルの高さが要求される、極めて難しいメバル釣りだと思います。

来年はどうなるか?
精進せねば(笑)

これからは僕はキス釣りになります。
キスとの死闘が始まる・・・・・・・・・・・・・

 

2017年4月23日・明石船メバル釣果速報

ポール梅園です。
もう・・・ほんときついです。

本日のコースは・・・
明石の西→明石の中間地点くらい→東浦→松帆
6時出船で7時ごろ、一番最初のポイントで強烈なアタリがあり、最初のツッコミをいなして、巻き上げ始めるも・・「プツン!」
ああああああああああ・・・・飛ばされた!!!
やはり0.8号は今の元気なメバルさんたちにはきついのか・・
朝一からガックリ・・・
だいたい、一発目のアタリをバラしたりすると、その日1日低調に終わる・・ジンクスがありますな(笑)

かなり意気消沈した私ですが、諦めずに頑張ります。
すると・・・何流しかのあと・・・
底どりしなおして、リール3巻・・・
いきなりドウウウウウウウン!
なんとかメバル様を釣り上げ、坊主回避(笑)
ここんところは朝一のチャンスを逃すと、その後はほぼ釣れないので、本当に一安心ですわ。
そのあとも、2匹追加。
ポイントを移動して1匹追加・・この時点で8時半。

以降・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・終了!
「写っていても釣れない」・・・いつものパターンが延々。
いやあ、これは苦行ですな。

本日も・・・まいったぜ!!!!!!!!!
もうメバルシーズン終わりかも・・・
でも、あと少しだけ頑張ります。

あ、一応竿頭でした。
他のひと、0〜2。

シラサエビが????

ポール梅園です。
未確認情報なので、なんとも言えないんですが・・
シラサエビ、品薄?
先日の4月15日のメバル釣行で、シロウオからシラサエビへの餌がわりを確信した僕ですが・・・
釣行後の船長との団欒で・・「シラサ品薄かも・・いつも仕入れている餌屋さんで、品薄情報が・・・」との談。

マジかいや・・シラサって品薄になったりすんの?
と思った僕ですが、翌日曜に神戸市内のとある大型釣具屋にハリスを購入しに行った際・・餌コーナーを見てみると・・・「シラサエビ入荷待ち」の表示が・・・

うーん、なんとも言えないな・・・
まあ、店によって仕入れのルートとかが違うだろうから、店によって在庫のばらつきがあるのかもしらん・・・・・・・・

とにかく!!!シラサがないと、ヤバいことだけは間違いないですね(笑)